にほんブログ村 テニスブログ ジュニアテニスへにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

その他

トマト

息子にトマトを買ってくるように頼んだ。

たぶん何も考えないで手に取り会計した感満々。

 

固い。

青っぽい。

カチカチやないかい。

 

頼んだ私が馬鹿でした🤗

 

 

サラダも煮込みにも合いそうもない。

 

 

そんなトマトを見たら昔観た映画を急に思い出した。

 

 

そうだ。フライド・グリーン・トマト作ろ。

 

 

 

本当ならこんな感じ。

  Spicy Southern Kitchen 

緑色のトマトを使うのが本当のレシピ。

これにcomback sourceなるものをつけて食べたりするのかな?
私たちはマヨネーズで食べた。

 

うぅんまっ。
ビールによく合う。

息子もトマトは生だと嬉しそうに食べないけど、
フライしているから食べごたえがあるのか、うめぇと言って
完食。

 

 

この食べ物を初めて観たのが”フライド・グリーン・トマト”という映画。

 

 

 

傑作。

 

アメリカの南部なまりのなんともいえない心地よさを感じ、
しっとりした空気感を実際に感じられるような(湿気かなぁ)映画。

内容は、人種差別があった頃のアメリカ南部だから
歴史的な背景もしっかり描き、サスペンス、ドラマと見応えのある
名作だと思う。

食堂を始める二人の女性がいて、その友情物語でもある。

レンタルで見つけたら観てください。お勧めです。

この映画を観るまでアメリカ食文化が地域ごとに違うことを知らなかった。

ハンバーガー、フライドチキン、ピザ、パスタ。。。と
どこいっても変わらないのかと思っていたけど、
調べれば南部、東部などかなり食べるものが違うのね。

ちなみに息子はバッファローウィングが大大好き。
一回弁当に入れたら却下された。

 

にんにくがすごいんだ(笑)

 

あ、今日の夕食は決まったな。

 

バッファローウィングとサラダにしよ。

 

草もちゃんと食べよう、息子。

 

 

 

 

広告

関連コンテンツ

-その他

© 2020 sorosoro-tennis.com Powered by STINGER

ツールバーへスキップ