ジュニアテニス

一生懸命はダサい?

日頃 お年頃の人間を相手していると感じること。

 

一生懸命はダサい。
という雰囲気を感じる。

頑張って、頑張って、これだけ?

逆に何もしてないのに、これだけできる?がカッコいい。
やったこともないことを初めてやって人よりできる。

あるわけない。

急に何かができる才能がある人って、、、アニメの中だけだと思います。

だけど、一生懸命やってできないのはかっこ悪いようだ。
頑張るなら群を抜いてすごくないとダメらしい。

できないことは隠れて練習してる。

そこまでかっこつけなくてもいいのに、お年頃ね♡

小学校のころは、

逆上がりできなかった。
公園で少し練習したけど、人がいるとやめた(笑)
中学になって(中学でもやるのね)
急にできたらしい。

クールに
「逆上がりやったらできた・・・」ぼそっ
家に帰ってきて報告してくれた。

報告するくらい本当はすごく嬉しいくせに。
表情変えずにただ「できた」だけ。。。

私もクールに反応。
「おぉ、すごいじゃん」
「やったね」
とさらっと言うだけ。

 

にまっと表情がゆるんだぞ。。。
ちょーー嬉しかったんでしょっ!

 

二重跳びもできなかった。
学校ではやりもしなかった。
でも、アカデミーのアップでやらされているから
できるようになった。

とにかく自分の体をコントロールするのに苦労してる。
小学校の頃はポチャっとしてたから余計にね。

夜ドンドンするから何やってんのかと思ったら、
自分の部屋で腹筋。

腕立て伏せは腹筋の2倍のモティベーションがいるんだって。

あ、そうか。
腹筋は寝てるからそのまま気分が乗ったらできる
腹筋は起き上がらないとだめだもんね😩

 

家にいる時はソファと一体化して動かない息子だから
やるだけでも凄いかも(笑)

 

 

頑張ってかっこつけてください。
気を使いますわ。。。

 

 

広告

関連コンテンツ

-ジュニアテニス

© 2020 sorosoro-tennis.com Powered by STINGER

ツールバーへスキップ