その他

個人主義

少しずつ収まってきている。
ワクチンができてほしいね。

もうすぐ学校が段階的だけど登校できそうだ。
もちろん、息子はぶーたれている。
寝坊できないから。

オンライン朝礼がある日以外は11、12時に起床。

息子は「おはよう」と言い、私は「こんにちは」と言う。
弁当を作らなくても良い生活に慣れすぎた。
あかん、毎日カップヌードルをスープジャーに押し込もうかな。

アカデミーも時間短縮で始まりそう。
みんなトレーニングは各自やっておくようにと言われているが、
やっているのは数人だろうな。

この時期に試合で勝てる子達と勝てない子達の違いが少しわかった。

これをやっていないとテニスに影響するというとこをちゃんとわかっている。
嫌だけど、面倒だけど、”やる子”達はほとんどランキングでも上位にいる子達だ。

納得。

息子?

何にもしなかった。

 

レッスンしたらバレバレだと思う。
ボロクソ言われてください、、ふん!

 

よくニュースで自粛警察が話題になっているけど、
日本と海外の違いがあると思う。

 

海外の自粛警察って、結局は自分に害が及ぶから騒ぐ、文句を言う。

日本人って、”私はちゃんとやっているのに”という人が
やっていない人達を攻撃する。
みんな一緒にやっているんだから、という意識がとても高いような気がする。

社会心理学者でも心理学者でもないんでよくわからないけど、
この違いって大きいと感じる。

テニスに無理やり結びつけるけど、部活の団体戦で力を出す人、
ダブルスで戦績を残す人。

プロを見ても、特に女子はダブルスがすごい。
(女子は連帯感、調和意識が高いのかな)

学生時代によく女子は一緒にトイレいってたけど、
これは理解できなかった。

周りはなんで一緒にいかないの?という目で私を見たが、
あんな場所で群れる気になれなかった。
群れるのが悪いわけではない。
群れないと何もできないやつらが嫌いだった。

なんでトイレ?
教室で話せないことだからね。
今はスマホでやりとりしているんだろう。。

スマホは使い方によって臭くなるね(笑)

 

みんなで群れる意識。

 

それがこのコロナ自粛ではやりすぎて逆に人を傷つけている。

普段昼間は家にいない息子だからワイドショーを見ることもない。
このコロナ自粛中にいろいろなニュースを見ていろいろ意見していたな。

いつもなら「どうでもいいじゃん」「知らね」「関係ないじゃん」と
興味を持たないことが多かったが、さすがにこのコロナ騒動は
自分に大きく影響したことだ。敏感になっていた。

これはいい経験になったと思う。

テニスがどう頑張ってもできない状態。
日本人にはしばらくなかった状況が子供を少しでも大人にさせたかな。

ん?息子はまだ寝坊できんと騒いでる。

ほっとこ。。。

 

広告

関連コンテンツ

-その他

© 2020 sorosoro-tennis.com Powered by STINGER