ジュニアテニス

一緒にトレーニング

まったくテニスができない。
コーチからは筋力トレーニング、ランニングの課題を出されている。

しかし、、、やるわけなーい。
やっても自分に甘い息子は、言われたメニューしかやらない。

そこで、ラインのビデオ通話を使って同じアカデミーの子を誘って
一緒にやろうということになった。

時間を決めて、早速接続。

久しぶりに顔を見ることができ、お互いテンションアップ。

マイクの性能はそこそこ良いのに、大声で叫び合ってる。

 

 

うるさいよ(笑)

 

 

トレーング開始。

腹筋、背筋、腕立て伏せ、体幹はいろいろ。

 

友達のお父さん、お母さんはずっと選手生活をバリバリサポートしていたので、まずトレーニング内容が濃い。

 

ザ 選手用トレーニング

 

 

体幹の内容も右、左とやったが、息子は左足でやる体幹が弱い。
(みんなそうなんだが、息子は左が存在していなぐらい弱い)

息子のサーブは打ったあと必ず左に流れる。

なんか納得。

 

 

きつ〜〜、いてぇ〜〜、無理〜〜っ

と言いながらも一緒にやっているから止めるわけにもいかず、
かなりの回数をやった。

 

いい気分転換だし、刺激があって良かった。

丁寧にストレッチまでやって1時間で終了。

友達のお母さんに、
「また明日、同じ時間ねーー」と言われ
一瞬顔がひきつっていた息子。

いい方法を見つけた。
アカデミーのラインで報告したら
「ぜひお仲間に!」ということで
仲間が増えそうだ。

ラインだとかなりの人数が同時通話できるらしいが、
回線状況が悪くなるので同時は5、6人までがベストのようだ。

 

この方法はおすすめ。

 

今日のメニューはもっとマニアックにお願いしたい。。🤗

 

 

広告

関連コンテンツ

-ジュニアテニス
-,

© 2020 sorosoro-tennis.com Powered by STINGER

ツールバーへスキップ