にほんブログ村 テニスブログ ジュニアテニスへにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

ジュニアテニス

ATPフォアハンド

去年書いた記事で再度取り上げてみます。

中学1年の受験明けで旅行したい欲求がMAXなったので、夏休みにオーストラリアに行くことに。
ただ観光はもったいないからテニスアカデミーに入れてもらおうと調べに調べた。
その様子は、

そのアカデミーはすでに閉鎖している。
ヘッドコーチはプロになった子の専属コーチになってツアーに帯同。
世界のあちこちに行っている。またいつか、と思ってたので残念。

そこのヘッドコーチに指摘されたのがフォアハンド。
息子はWTAフォアハンドだからATPフォアハンドにするべきと言われた。

どこが違う?
とにかく動画があるからそれを見ろと。。。

いろいろな選手を並べて写真、動画で比較しているのでよくわかる。

WTAフォアハンドはフラットでスピードがあり速い。でもネットスレスレ。アウトのリスクがある。
ATPフォアハンドのスピンでバウンドの後も失速しない、アウトのリスクも低い。ショットに角度をつけられる。

ATPとWTAの違いはスタンス。
ATPフォアハンドはオープンスタンスで身体をひねる。
ATPにもクラッシックとモダンがあるらしい。

ATPでこのフォアハンドが主流になっている理由は、ラケットの進化でパワーと速度が増したテニス時代に、大きく振り上げるWTAのフォアハンドは無駄が多いと言っていた。それだけ高い身体能力がないと勝てないということかな。

コンパクトにムチのように降るATPフォアハンド。

ハレプの動画を見てATPフォアハンドだと思ったら、彼女のはWTAフォアハンドだと言われた。
彼女は充分強いけどATPフォアハンドにすればもっと強くなるのにね、というコメントがいろいろなテニスサイトで多くあった。女性でATPフォアハンドをやっているのはプロはジュスティーヌ・エナン (Justine Henin) 選手ぐらいしかいない。なぜなんだろう?筋力?

確かにめちゃめちゃ力強いプレーで男性的。

 

 

この記事では彼女の特徴を説明しているが、やっぱりかなりの筋力があると書いてある。

出身国はベルギーで167cm。
最高ランキングはシングルス1位。
グランドスラムは全豪、全仏、ウィンブルドン、USオープン、全部優勝している。
活躍した時期は2000年ごろから2007年頃。
伊達公子選手が1996年に引退したから女子テニスをあまり見なくなった時期なので知らんかった。。

まだ若いターボエンジン並の勢いで勝ち上がっていたセレナにも勝っている。
動画を見たけど、ちょーかっこいい選手です。

素人の私がいろいろ言っても説得力ないよね。
ATP ・WTAフォアハンドについては日本の方がちゃんと解説してるサイトがあったので、そちらを参考にしたほうがわかりやすいです。

息子のフォアがATPになっているかはわからない。
でも、以前よりは回転がかかり、パワーだけに頼らないで
いろいろなショットを打つ選択ができた。

でも、勝てないんだけどね。
肝心な時に”ロマン”を追う癖が抜けない。

カッコよく決める願望。

コーチにも言われているらしい。
「ロマンを捨てろ」とね。

すてろっ

 

 

 

 

広告

関連コンテンツ

-ジュニアテニス

© 2020 sorosoro-tennis.com Powered by STINGER

ツールバーへスキップ