ジュニアテニス

際どいボールは固まる

試合中
決まるか?って感じのショットの時
息子は、、、

棒立ちで自分のボールを目で追っている。

みなさん反応がいいのでラケットに当てる。
ボールが来ると驚いて動くの。

息子にとってセルフジャッジが不利になるのは
アウトでも相手が返しちゃう時。
(本当だったらラッキーなのかもしれない)

息子は
え?入ってたの?っていう反応でびっくりする。

ねぇ、、、相手が返せば続けるんよ。

その ”え?” でポイント取られること多し。

幽体離脱が何回か試合中にあるので
よくコートチェンジを忘れる。

際どいところに打つなとコーチはよく言う。
アウトとジャッジされるから。

息子は違う。
際どいと判断するための処理時間がかかる。

処理能力的にはど真ん中勝負か。

無理。ストローク力がない。

 

この間はアホらしいことでデフォった。。

カードを忘れた。

取りに戻ったら遅れた。

早起きしたのにぃ。
エントリー費に羽が生えた。。。

悪いけど、ちょっと愚痴るよと私。
すでに息子は危機回避で寝てる。

ぐちぐち言っていたら馬鹿らしくなったんだが、
一言「よぉ眠れるね」と言ったら

「いや、眠れん・・・・・」

本当だったら1日いじってやろうかと思ったが、
それはそれで体力いるし、こっちも気分悪くなるんでやめた。

 

テニスでちゃんと勝負してほしいなぁ。

 

いくつか試合が進んでいるけど、これから冬休み。
冬眠中の息子を穴から出す作業が大変になってきます。。。

 

 

広告

関連コンテンツ

-ジュニアテニス

© 2020 sorosoro-tennis.com Powered by STINGER

ツールバーへスキップ