楽しいだけじゃなくなる時期

更新日:

   

5年、6年、目指すものによって違うかもしれないけど、何か真剣にやり始めたらくる。楽しいだけじゃなくなる時期。

それは”やれること”と”やること”が多くなってくる時期にくるような気がする。
中学生はやれることに対しての量が一気に大人並みに。でも、まだ頭はおこちゃま(息子)

練習をしていて楽しい。ショットが決まって気持ちが良いレベルまでのテニスにはストレスはなかった。競技テニスをやり始めるとそうはいかない。

練習はハードになり精神面の成長も求められる。
テニスだけを考えていられるなら良いけど、今の日本の中学生はやることが多い。

その中”続ける”は大変だ。学校で疲れて宿題もある。 人間関係も複雑。 友達とも遊べない。

だからたまに息子は発狂する。普通に遊べないのはわかっているけど、ラインなどで楽しそうに遊ぶ計画を見るとテニスよりも”今”遊びたいになってしまう。

頭でわかっていても今の気持ちを抑えて先の目標を目指すのは大変。抑えている気持ちが急に流れでてくる時がある。それを受け止めてあげられればいいのだが、親も気をつけていないと「わかってるでしょ!」の一言で済ませてしまう。

その土石流が昨日あった。
急に学校に行きたくないと言い出した息子。結果から言えばサボりたかった。(学校は好きらしい)

学校の体育で捻挫した時も息子は友達に「あ〜怒られる」と言ったら、
友達は「え?なんで?心配してくれないの?」
それを聞いた息子は「そうだ、なんで怒られるんだよ!」と思ったらしい。
私もはっとした。そうだよね。まずは心配してあげないと。
そそっかしい息子はよくいろんな怪我をする。怪我や病気をするとテニスができなくなるということしか頭になかった。 とても反省している。

テニスを始めた頃は、いいショットに喜び、勝って浮かれたり、ただ”テニス”だけを楽しんでいた。 そこに”試験”、”成績”、”友達”、”練習”、がいろんな問題を息子にプレゼントしてくれるもんだから中二男子の頭はパンパン。

学校がなかったら。。
テニスをやっていなかったら。。。

と考えることがある。

なにかに挑戦しているときは必ず嫌なことに直面する。大人だったらある程度はしょうがないなと諦めて対応するけど、子どもには難しい。

当たり前だけど、テニスだけじゃないことを乗り越えて続けたジュニアが最後は残る。

今、”続ける”が大きな課題になっている息子。

ここで根性論は効かない。息子に気持ちがないと無理強いしてもあと数年でダメになる。

息子の出来る力ですでに頑張っている。

日本の選手はハングリー精神がないというけど、、みんなお腹いっぱい。
テニスできなくても他の選択がいくらでもあると言うけど、やり直しは大変。要求されるレベルが高い日本では安定志向になってしまう。そんな中、挑戦できるのは凄い。

断捨離にはしる人の気持ちがわかる(笑)すっきりしたいんだよね。

今朝は良い顔して「ね、昨日なんで休んだって先生に言ったの?」だって。嘘はつきたくなかったけど、許して先生。このサボり必要だったの。

 

 

 

 

広告

Copyright© そろそろいきます , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.