ジュニアテニス

クラムジー

息子は背が高いほうだ。だから動作が鈍い。

背が高くなってほしいと思う親は沢山いると思う。贅沢な悩みかもしれないが、手足が無駄に長くなると自分で扱いきれないらしい。

小4ぐらいまでは器用に合わせてボールを返したり、いろいろなショットを見よう見まねでやっていった。

しかし、だんだん不器用になって行くような気がした(T_T) 得にストロークで目が点になるようなぽかミスをする。おい、大丈夫か? サーブも良い時はいいが、コートにボールを入れるということを忘れホームラン。テニスだよ。野球じゃないよ。

こんな状態で試合をやると、おかしい時は試合中に妙な気を起こし、調整しようとする。いや、もう、しばらくは観る方も修行だと思うしかない。

(何も言わん、耐える、笑顔、次もがんばろう)←呪文

以前、オーストラリアに行った時にコーチが息子を見てすぐに。。。「この年頃に伸び悩むこが多い。凹まないで地道にね」と言われた。呪いをかけられたように息子は現在絶不調。調べたら”クラムジー”の記事を見つけた。

あの本田選手が苦労したクラムジー。ジュニア時代からはっきりとした目標を持ち、それにブレることなく努力した本田選手をも苦しめた。普通の子だったら無理をしないで無難な選択をすることを考えるかもしれない。急に思うように動けなくなる。感覚がおかしい。以前できていたことが上手くできなくなる。それが実力だと思ってしまう人もいるかもしれない。 

 

 

中2で174cm。その身長は私を見下ろすぐらいしか役に立っていない。 不調から抜け出せない、才能がないのかも、勝てない、やる気がなくなった、という悪循環にはまり競技生活から去って行く子達も多いらしい。個人競技だと部活にいない限り誰もとめてはくれない。こういう時に仲間って必要だなと痛感する。

息子がクラムジーかはわからないが、これを知っておくだけでも本人と親は少し客観的にこの辛い時期を過ごせるのかもしれない。 小学生時代は右上がりに上達していく時は楽しかった。

これからは辛抱の時期なのか(遠い目)

----追記----

この記事を書いてから約1年たった。
中1から鈍臭くなってきて、中2はやる気がなくなるぐらい下手になった。
闇雲に練習量を増やし、細かいところを修正するのはこの時期意味はないと思う。

アカデミー変えた先のコーチは息子を見て下手だとは言わなかった。
「大きなテニスをするね」
「小さいテニスを覚えられると伸びない」
と言われた。

このアカデミーでは”考え方”を徹底して教え込む。
体と脳の通信状態が悪い息子には必要なことかもしれない。

背はだいぶ落ち着いてきて今は179cm。2020年4月で中3になる。
通信状態はまだ悪いが、たくさんの試合をこなし練習で体力がついてきて
少しずつだが体をコントロールできるようになってきている。
まだトンネルの中だけど、先の出口が見えてきた気がする。

一時期やる気を失った息子だが、もっと上手くなりたい欲が出てきた。
いいサインだ。

サポートしている親も試合で子供が負け、結果を出せないでいる状態は辛いと思う。
子供の負けを見るのは面白くない(笑)

息子は上手くいかない時はよく手を抜き、さぼりたがった。
こんな時は怒った。しかし、息子は一杯一杯だったと思う。
学校もテニスも忙しい毎日を過ごしていた。

だから、週5日の練習を4日に減らし、真ん中水曜日に休みを入れた。

これは良かった。
学校の宿題も処理できるし、友達と少し遊べる。
余裕ができて息子は前向きになった。

辛い時はちょっとスローダウンするのも必要かな。

子供のタイプによるけど。

中3の終わりにまた状況報告します。

 

 

 

 

広告

関連コンテンツ

-ジュニアテニス
-, , , ,

© 2020 sorosoro-tennis.com Powered by STINGER

ツールバーへスキップ